FX業者選びで迷った時に見るブログ

FXで売買をしている方によっては、それを本業にしている事があります。専業トレーダーの方の場合は、やはりそのためのツールにお金をかけている事も多いと考えられます。なぜならそのツール次第で、売買が快適になるかどうかも決まってくるからです。
専業トレーダーの方々が用いていると考えられるツールは、例えばモニターですね。その方々は、複数のモニターを利用している事が多いと言われています。そのやり方としては、複数モニターの使い分けです。
例えばモニターAに対して、チャート画面だけを表示しておくとします。そしてモニターBに対しては、注文画面だけを表示しておくのです。そのように複数の画面を使い分けて、売買を行っている方々は少なくありません。
それとチャートにも、色々な時間軸がありますね。モニターAには4時間足を表示させて、Bには日足を表示させるやり方もあるでしょう。それで複数の足を見比べて、売買を行っている方も沢山いらっしゃるのですね。
つまり専業トレーダーの方は、モニターに対する投資を行っている訳です。それだけでなく、その方々は机などにもこだわっていると考えられるでしょう。
何せ専業のトレーダーの方としては、かなり長い間机で作業をする事になります。それだけに売買をしやすい環境を整えるのは、とても大切なのですね。ですので使い心地が良い机なども、かなりこだわっていると思います。もちろん椅子も同様ですね。
また専業トレーダーの方は、特別なシステムツールを用いている事もあります。上記のハード面に関する様々なツールだけでなく、パソコンソフトなどの投資用のツールを用いているトレーダーの方々も沢山いらっしゃいます。
このようにFXの専業トレーダーの方は、自分が売買をする為の環境作りの為に、色々とツールに対する投資を行っていると考えられるのですね。商売道具だけに、やはりツールの使い心地などには大きなこだわりを持っていると考えられます。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:02:30

私たちが資産を増やす方法の1つに、預金があります。お馴染みの普通預金なども、その選択肢の1つになり得ます。
しかし普通タイプの預金商品の場合は、正直あまり金利が良くないでしょう。ですので多くの方は、やはり定期預金などを用いている事が多いです。
確かにそれも選択肢の1つではあります。しかし、それにはデメリットがあるのですね。解約が難しい事も多々あるからです。
定期タイプの商品の場合は、基本的には長期保有にならざるを得ません。なぜなら途中解約が難しい商品になるからです。
ちなみにFXの場合は、そうではありませんね。その商品の場合は、基本的に解約という概念がありません。自分が保有した建玉などは、いつでも決済をする事ができるからです。
ところが定期預金の場合は数ヶ月や数年前後は、解約が難しくなってしまうのです。ですのでFXの方が、自由度が高い一面があるでしょう。
ちなみに厳密に申し上げると、その定期タイプの商品の場合は解約をする事自体は可能なのです。しかしその場合は、適用金利が著しく低くなってしまうのですね。
例えばその定期タイプの商品の金利が、0.2%だとしましょう。ところが何かの事情があったので、途中で解約をしてしまったとします。その時には、適用金利が大幅に低くなってしまう事があるのです。つまり0.2パーセントなどではなく、0.05%などとかなり低くなるケースも珍しくないのですね。ですのでその商品で中途解約をしてしまうのは、ちょっと損になってしまうでしょう。
ところがFXの場合は、前述のように自由に解約をする事ができますし、上記のような金利の変動もありません。あくまでもリアルタイムのスワップが適用される事になるので、建玉を保有している期間などは、問題視されないのですね。
ですのでFXの方が、やはりメリットは大きいと思います。それで多くの方々は銀行による定期預金よりも、むしろその外貨の投資商品を選んでいる事も多い訳ですね。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:02:30

世の中には、投資に関わる商品が色々とあります。その1つが投資信託ですね。それは、たまにFXと比較される事があります。
結論から申し上げると、後者の商品の方が前者よりもメリットが大きいと考えられます。なぜならその外貨を用いる商品は、自由度が比較的高いと考えられるからです。
まず前者の信託商品には、解約に関するデメリットがあります。その商品は、基本的には長期保有をする事になるのですね。後者の外貨を用いる商品のように、短期での売買が行われない傾向があります。
ところで日常生活では、何が起きるか分からない一面があるのです。時には何かの個人的な事情によって、投資の為に用いている資金を引き出したいと思う事があるでしょう。つまり証券会社に預けたお金などを、引き出ししたいと思う事もたまにあるのです。
そして前述の信託商品の場合は、解約時にお金がかかってしまう事があります。基本的に解約料金は、パーセンテージ制になっている事が多いですね。投資金額の数%というスタイルになっている事が多く、例えば100万円の投資をしているのであれば、数%分の数万円の解約金額が発生する事があるのです。その数万円という金額は、かなり大きいですね。
ところが前述の外貨を用いる投資商品の場合は、そのような料金がありません。その商品の場合は、いつでも決済をする事が可能です。いつでも新規売買ができますし、もちろん決済もいつでも行う事ができるのです。
しかも手数料がとてもリーズナブルですね。少なくとも上記の信託商品のように、数万円もの手数料が発生する事はまずありません。売買手数料は発生するのですが、それでも投資信託の解約料金に比べればずっとリーズナブルです。
つまりFXは、比較的自由に売買をする事ができるのですね。投資信託のように数万円もの解約料がかかってしまうと、あまり自由に売買をする事ができないでしょう。それだけ手軽に売買ができるのが、その外貨を用いる商品のメリットの1つだと考えます。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:01:30