FX業者選びで迷った時に見るブログ

他の金融商品と違って職業はあまり重要視されないFX

金融商品というのは、職業と大きな関係があります。特に借りるタイプの商品の場合は、その傾向が顕著なのですね。
借りるタイプの商品では、職業が重視される事が非常に多いです。金融会社が誰かに対してお金を貸したのであれば、当然それを返して欲しいと思っています。そして金融会社としては、お金を返すためには安定した所得が必要だと思っています。ですので無職の方は、ちょっと借りるのは難しくなります。
ではFXの場合は、果たして無職では利用する事が難しいかと申しますと、決してそうではありません。というよりも、むしろあまり重視されないと考えて良いでしょう。
そもそもその投資商品は、無職の方々も沢山いらっしゃいます。中にはその投資商品で、専業のトレードをしている方もいらっしゃるのですね。
また主婦の方々も同様です。前述のお金を借りる商品の場合は、主婦の方々は金融会社では断られてしまう事もあります。しかしこの投資商品で主婦の方が断られるかというと、まずそれはあり得ません。現に多くの主婦の方は、その商品で売買をしているからです。ご主人の給料がちょっとやすいので、その投資商品でカバーしようと思っている主婦の方などは沢山いらっしゃいます。
ただ学生はちょっと微妙ですね。というのも一部のFXの会社では、学生は全てお断りをしている事があるのです。まして未成年の学生の場合は、まず難しいと考えて良いでしょう。しかし会社によっては、学生の方を受け入れている事もあります。
それと自営業者の方は、別に問題はありません。そもそもこの投資商品はサイドビジネスの目的で活用されることも非常に多いのです。
このような状況なので、FXではあまり職業は重視されません。無職の方でも口座を作ることができている訳ですから、それほど心配する必要は無いでしょう。
むしろ年齢とリスクですね。未成年の方は難しいですし、リスクの理解が曖昧の場合は口座を作れない事もあります。職業というより、その2点が重視されると考えて良いでしょう。

 

先物と同じく含み損による両建てもあり得るFX

 

投資に関連する商品では、たまにアドバイスによって損になってしまっている事があります。その1つが先物です。
というのも以前にある方が、その商品で大きな損失が発生しているのですね。その方は資産を増やせる可能性に魅力を感じて先物を始めた訳ですが、最初の内はとても好調だったようなのです。その方の場合、最初は80万円くらいの資金で始めました。それで初心者の運が幸いして、180万円前後になったようなのですね。すなわちプラス100万円になった訳です。
ところがその方は、その先物の会社からアドバイスをされました。もっと別の銘柄に手を出せば、きっと大きな利益が発生するとのアドバイスだったようです。好調なようだったので、そのアドバイス通りにしてみたようなのですね。
ところが、残念ながら大変な損になってしまったようです。いわゆる含み損になってしまい、最終的には両建てになってしまいました。両建てというのはリスクを回避するための手段なのですが、とりあえずはそれでリスクを限定した形になります。
しかしそのせいで、今度は身動きが取れなくなってしまったようですね。ですのでどうすれば良いか、途方に暮れてしまっていました。
ところで上記のような状況は、FXでもよくあるでしょう。私も上記のような話は、大いに心当たりがあります。
特に両建てですね。自分の予想と反する状況になってしまった時には、思わず両建てをしたくなってしまうのです。ところが建玉が大きすぎて、しばらく身動きが取れなくなってしまうのですね。長い間含み損を抱えなければならなくなりますので、あれはなかなか精神的にきついものがあります。それに心当たりがある方も、多いのではないでしょうか。それを考えると、先物とFXは非常に良く似ている一面があります。
それにしても上記の方は、先物の会社によるアドバイスを信じてしまったのも一因だったのかもしれませんね。FXの場合は金融会社からアドバイスが行われる事が原則ありませんので、その点は安心かと思います。

 

 

麻雀と同じく資金を防御するのが大切なFX

 

FXは、ある意味ゲームに似ている一面があります。そもそもこの金融商品は、たまにゼロサムゲームと呼ばれるのですね。ゲームという表現が用いられるだけに、他のゲームとの共通点も多いのです。
その1つが麻雀です。麻雀はなかなか難しいゲームの1つなのですが、コツは幾つかあります。その1つが守りなのですね。
そもそもあのゲームの場合は、攻撃と守りの両方があります。役を作っていくのが攻撃に該当するのですが、そうそう上手く行かないことも珍しくありません。
というのもあのゲームでは、たまに先制攻撃が発生します。相手から攻撃を受けてしまって、無闇に突っ込んでは危険な状況になってしまう事もあるのです。
そのような時には、むしろ守りに徹する方が良いのですね。うかつに突っ込んでしまいますと、思わぬ反撃で痛い目にあってしまうからです。
そして私はあのゲームの経験者ですが、守りを覚えるようになってからだいぶ成績が上がりました。攻撃一筋では、なかなか勝つことが難しいゲームなのですね。ですので麻雀は、なかなか奥が深いと言われています。
ところでその守りに関する話は、FXにもそのまま適用する事ができます。というのもこの金融商品では、時には損を確定する事も必要になるのですね。
そもそもこの商品では、たまに含み損が発生する事があるでしょう。そのまま放置してしまっていると、だんだんと損が拡大してしまいます。その拡大を抑えるための防御手段として、損切りを敢行する訳ですね。ですので損切りは、ある意味守りなのです。
ひたすら建玉を保持する方法もあるのですが、それはある意味麻雀の攻撃一辺倒に似ています。相手の攻撃に対して無防備に突っ込んでしまいますと、成績が悪化してしまうケースも珍しくありません。しかし損切りという守りの手段を覚えると、この外貨を用いる商品での成績が良くなるケースも非常に多いのですね。資金を増やしたいと思うのであれば、守ることを覚えた方が良いと思う次第です。

 

 

台風の接近に重なるように、調子の悪い相場

 

7月16日。東京時間午後13時です。昼食を食べながら見ていたテレビで台風の情報が流れました。私のところは、きのうの午後から雨が降っていて、台風が近づいてきてるんだというのがわかります。今回は相当強い台風みたいで、本当に嫌です。それてくれたらありがたいです。きのうとは違って、だんだん強い雨になってきたので、雨戸を全部閉めました。なので、部屋全体が真っ暗になってしまいました。今は昼間から電気を点けて相場観察を行っています。昼間から電気を点けることってあまりないので眩しいです。東京時間午前の相場は、中国株の動向が足を引っ張ってクロス円は下落しました。だけど、米ドル円だけはあまり下げていなくて、他のクロス円と比べると底堅い状態です。中国株は崩れているけど、日経平均のほうは大丈夫だったのでよかったみたいです。ユーロ円とユーロドルは、ギリシャ絡みでまた不安定な動きになり、下落しました。閣僚からの、首相が求めれば辞任も。この発言によってギリシャ政権の不安定さが感じさせられたのが下落のきっかけ。ギリシャ問題の台風は過ぎ去ったかのように見えたのですが、またこれがきっかけとなり、欧州時間の相場は荒れそうな予感がします。台風は接近してきているし、再びギリシャの台風が発生して相場を襲うかもしれない。そうなると、相場のタイプとしては荒れ相場になると思うので、またトレードが出来なくなってしまいます。定期的に相場を見て、デモトレードでエントリーする練習をしているのに、相場環境が良くないから、手ごたえをあまり感じない。きのうは、豪ドル円の1時間足が上昇トレンドになっているのを確認して、ニューヨーク時間前にポジションを持ったんだけど、92.15で持ったポジションは、時間が経つと92円割れして損切りになりました。そして、さらに時間が経つと大陰線を出して91円前半に突っ込んでいっています。私が持った時は、上昇トレンドから下降トレンドに転換される前だったんです。ついてないよ~。
おすすめ:バイナリーオプションで勝率を上げるには

FXで売買をしている方によっては、それを本業にしている事があります。専業トレーダーの方の場合は、やはりそのためのツールにお金をかけている事も多いと考えられます。なぜならそのツール次第で、売買が快適になるかどうかも決まってくるからです。
専業トレーダーの方々が用いていると考えられるツールは、例えばモニターですね。その方々は、複数のモニターを利用している事が多いと言われています。そのやり方としては、複数モニターの使い分けです。
例えばモニターAに対して、チャート画面だけを表示しておくとします。そしてモニターBに対しては、注文画面だけを表示しておくのです。そのように複数の画面を使い分けて、売買を行っている方々は少なくありません。
それとチャートにも、色々な時間軸がありますね。モニターAには4時間足を表示させて、Bには日足を表示させるやり方もあるでしょう。それで複数の足を見比べて、売買を行っている方も沢山いらっしゃるのですね。
つまり専業トレーダーの方は、モニターに対する投資を行っている訳です。それだけでなく、その方々は机などにもこだわっていると考えられるでしょう。
何せ専業のトレーダーの方としては、かなり長い間机で作業をする事になります。それだけに売買をしやすい環境を整えるのは、とても大切なのですね。ですので使い心地が良い机なども、かなりこだわっていると思います。もちろん椅子も同様ですね。
また専業トレーダーの方は、特別なシステムツールを用いている事もあります。上記のハード面に関する様々なツールだけでなく、パソコンソフトなどの投資用のツールを用いているトレーダーの方々も沢山いらっしゃいます。
このようにFXの専業トレーダーの方は、自分が売買をする為の環境作りの為に、色々とツールに対する投資を行っていると考えられるのですね。商売道具だけに、やはりツールの使い心地などには大きなこだわりを持っていると考えられます。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:02:30

私たちが資産を増やす方法の1つに、預金があります。お馴染みの普通預金なども、その選択肢の1つになり得ます。
しかし普通タイプの預金商品の場合は、正直あまり金利が良くないでしょう。ですので多くの方は、やはり定期預金などを用いている事が多いです。
確かにそれも選択肢の1つではあります。しかし、それにはデメリットがあるのですね。解約が難しい事も多々あるからです。
定期タイプの商品の場合は、基本的には長期保有にならざるを得ません。なぜなら途中解約が難しい商品になるからです。
ちなみにFXの場合は、そうではありませんね。その商品の場合は、基本的に解約という概念がありません。自分が保有した建玉などは、いつでも決済をする事ができるからです。
ところが定期預金の場合は数ヶ月や数年前後は、解約が難しくなってしまうのです。ですのでFXの方が、自由度が高い一面があるでしょう。
ちなみに厳密に申し上げると、その定期タイプの商品の場合は解約をする事自体は可能なのです。しかしその場合は、適用金利が著しく低くなってしまうのですね。
例えばその定期タイプの商品の金利が、0.2%だとしましょう。ところが何かの事情があったので、途中で解約をしてしまったとします。その時には、適用金利が大幅に低くなってしまう事があるのです。つまり0.2パーセントなどではなく、0.05%などとかなり低くなるケースも珍しくないのですね。ですのでその商品で中途解約をしてしまうのは、ちょっと損になってしまうでしょう。
ところがFXの場合は、前述のように自由に解約をする事ができますし、上記のような金利の変動もありません。あくまでもリアルタイムのスワップが適用される事になるので、建玉を保有している期間などは、問題視されないのですね。
ですのでFXの方が、やはりメリットは大きいと思います。それで多くの方々は銀行による定期預金よりも、むしろその外貨の投資商品を選んでいる事も多い訳ですね。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:02:30

世の中には、投資に関わる商品が色々とあります。その1つが投資信託ですね。それは、たまにFXと比較される事があります。
結論から申し上げると、後者の商品の方が前者よりもメリットが大きいと考えられます。なぜならその外貨を用いる商品は、自由度が比較的高いと考えられるからです。
まず前者の信託商品には、解約に関するデメリットがあります。その商品は、基本的には長期保有をする事になるのですね。後者の外貨を用いる商品のように、短期での売買が行われない傾向があります。
ところで日常生活では、何が起きるか分からない一面があるのです。時には何かの個人的な事情によって、投資の為に用いている資金を引き出したいと思う事があるでしょう。つまり証券会社に預けたお金などを、引き出ししたいと思う事もたまにあるのです。
そして前述の信託商品の場合は、解約時にお金がかかってしまう事があります。基本的に解約料金は、パーセンテージ制になっている事が多いですね。投資金額の数%というスタイルになっている事が多く、例えば100万円の投資をしているのであれば、数%分の数万円の解約金額が発生する事があるのです。その数万円という金額は、かなり大きいですね。
ところが前述の外貨を用いる投資商品の場合は、そのような料金がありません。その商品の場合は、いつでも決済をする事が可能です。いつでも新規売買ができますし、もちろん決済もいつでも行う事ができるのです。
しかも手数料がとてもリーズナブルですね。少なくとも上記の信託商品のように、数万円もの手数料が発生する事はまずありません。売買手数料は発生するのですが、それでも投資信託の解約料金に比べればずっとリーズナブルです。
つまりFXは、比較的自由に売買をする事ができるのですね。投資信託のように数万円もの解約料がかかってしまうと、あまり自由に売買をする事ができないでしょう。それだけ手軽に売買ができるのが、その外貨を用いる商品のメリットの1つだと考えます。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:01:30